スポンサーリンク

【風のクロノア:ドア・トゥ・ファントマイル(Play Station)】Part 8 / 9

マイル

●再生リスト Playlist

【風のクロノア:ドア・トゥ・ファントマイル(Play Station)】Part 1 / 9

●ゲーム紹介 Game introduction
1997年12月11日、プレイステーションで発売。ナムコ開発による、3Dと2Dグラフィックを織り交ぜた横スクロールアクションゲーム、「風のクロノア:ドア・トゥ・ファントマイル」。歌姫レフィスを捕らえ、世界中の夢を悪夢に変えようと企む魔王ガディウスの企みを阻止すべく、主人公クロノアは相棒ヒューポーと共にファントマイルの国々を駆け巡る。単純ながらも、やり応えのあるアクションと可愛くも深みのあるファンタジー大作。
Released on PlayStation on December 11, 1997. Developed by Namco, a side-scrolling action game that interweaves 3D and 2D graphics, ”Kaze no Klonoa: Door to Phantmile”. The main character, Klonoa, travels around the countries of Phantmile with his partner, Hupo, in order to stop the demon king Gadius, who plans to capture the songstress Lephis and turn the world’s dreams into nightmares. A simple but rewarding action and a cute yet deep fantasy epic.

コメント

タイトルとURLをコピーしました