スポンサーリンク

クレジットカード決済は事業上の借金じゃ無いよん。請求書に対して支払えなければ、始めて負債になります。つまり振込云々の時点では法律上は借金云々は発生しません。

クレジットカード

クレジットカード決済は事業上の借金じゃ無いよん。請求書に対して支払えなければ、始めて負債になります。つまり振込云々の時点では法律上は借金云々は発生しません。しかし、クレジットカード未払いでは、納税義務は消えないよ?ちなみに、うちは、クレジットカード決済に対する振込は遅れても、かならず、請求書は郵送されてくるため、それに支払えば、実体法上、負債は負っていないのです。
ただし、商慣行はクレジットカードに関しても現代になり形成されつつある、とは、言え、実体法(条文に書かれた法律)だけでなく、慣習法(条文になっていない商習慣)からの干渉はあります。しかし、クレジットカード自体に、利用者ごとの限度額があるのに、なぜか、それを超えた金額を使用できてしまう現代の振込システムの齟齬はありますね?
うちは、クレジットカード決済に対する振込が遅れても、請求書にはちゃんと支払っています。

コメント