スポンサーリンク

特別番組「2019年秋クルーズ③」おじさんのピアノ練習記No.296 のコピー

クルーズ

今回は、ピアノ練習記と趣旨が異なりますので、興味のない方はスルーください。ピアノの練習投稿は今回までお休みです。

2019年9月23日~10月4日の10日間、横浜から本州を1周の「日本巡拝の地めぐりの旅」に行ってきました。今回はパート③、金沢~酒井(山形)~終日航海~横浜です。
【クルーズメモ②】
・「台風等で飛行機が飛ぶか飛ばないかわからない場合、まずは飛行場に行き、係員に確認することがベスト」(旅行代理店)
・「寄港地観光では事前にレンタカー予約しておくとマーチクラス3700円/日と格安」(乗船客)
・さかた海鮮市場の食堂は美味しいかどうか不明、衛生的に?見た目はB級?
・酒田市の寿司屋情報。「鈴政(すずまさ)」で特上寿し2300円、リーズナブルでとても美味。ウニ無しだと2000円。ランチは13:30まで。私が店に着いたのが13:15、客が少ない時間帯でとても愛想よくしてくれた。近くに「ダルマ寿し」有り、ここは評価が良くもあり悪くもあり、バラバラ。「大和寿し」も地元の方のお勧めであったが営業が17:00から。
・船のシアターで行われる専属ダンサーシンガーによる「Born To Be Wild」について、毎回行くが、知っている曲が少ないこともあり面白くない演目と思う。
・「最上川下りは水量が少なくイマイチ、鉄道で出発点まで行ったが、1時間に1本程度の運行。帰船は最終乗船時間にどうにか間にあうぐらい」(船友)
・生ピアノ演奏鑑賞(オレナ・コンスタンティノバさん、女性)、そして勉強のため一部録画。
・帰路の羽田空港までは、京浜急行リムジン利用。近い停留所は「新県庁前」と「山下公園前」があり、大桟橋からは同じ距離ぐらい、料金も720円と同額だが、前者は先に乗車するので満員で断られる確率は低い。事前予約が確実だが、港案内所で確認すると「特に必要はない」、平日は予約不要かも。
船手配の羽田空港行バス35ドルも選択肢。
・羽田空港のカードラウンジで空弁等の食事は可能。事前確認したところ、臭いがきつくなければOK。カードラウンジは搭乗検査前と後に利用できるラウンジが2か所。前者が比較的空いている。10種程度のソフトドリンク無料。

【ミキコさんの話】以下
・ミキコさん自身は契約社員で、数ヶ月単位で働く契約、そして2ヶ月休む。シンガポールのエージェンシーを通じて英語メールのやり取りで契約する。2019年はサン・プリンセスの世界一周航路に乗船した。
・船スタッフ数はフィリピン人が最も多く500人以上、日本人は80人前後。
・寄港地では船スタッフの三分の一以上、船に残っていなければならない規則になっている。
・船のスタッフためだけの専任エンタメのスタッフが1人が活動している。
・エレベーター7Fボタンに☆印あり、これは7Fにエンタメ施設が集中しているため目印。
・エレベーターのアラームについて、上昇時「ピン」、下降時「ピンポン」。

コメント